<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

BAR NAWANAI

12月の初旬OPENされたスペイン風居酒屋「BAR NAWANAI」さんに行ってきました。

場所は新天地公園のすぐそば。
「なわない」の大将がプロデュースしたお店です。

まず、目に入ったのがカウンターにば~んと鎮座していたハモン・イベリコ・ベジョータ(1本14万円するらしい・・・)

a0052473_10572520.jpg


もちろんいただきました(^▽^)v

店内は和風テイストいっぱいで落ち着ける雰囲気。

居酒屋だけどBARの香りもするし、何がでてくるのかワクワク♪

a0052473_111799.jpg




画像はないけど、瀬戸内の小イワシのオリーブオイル漬けもいただきました。
(今度行ったとき撮ってくるね!)

あとは定番の田舎風TORTILLA、いろんなお野菜が入ってました。ちょい薄め。

a0052473_112439.jpg


そのほか、新鮮な魚介類メニューも豊富でした。

焼きガキは身がプッルンプルン~♪

a0052473_114238.jpg


と~っても新鮮なサバが手に入ったと薦めてくださった、サバのお刺身とタタキ!

a0052473_1155379.jpg


サヨリのピンチョス(画像なし~すんません)

カウンターにはテンコ盛の塩ゆでエビ

a0052473_1183094.jpg


そして、ワインはテルモの赤と白(>_<)

a0052473_11112473.jpg


たまらーーーん、って感じでした。

本場のバルとは違うけれど、スペインと日本がうまく溶け合ってて

両方のいいとこを取り入れてるって感じのお店でした。

また、足を運んでみたいと思います。


※尚、住所・電話番号は今のところ非公開で営業されるそうですので掲載いたしません。お問合せくだされば、ご案内いたします。
[PR]
by spain-web | 2005-12-23 11:19

なんちゃってレンズ豆の煮込み

今日は寒いので、何かからだの温まるものが欲しくなった。

ちょうど、スペインから買ってきたレンジでチンするレンズ豆の煮込みがある。

しめしめ・・・チンしてみた。

ま、まずい。
そして香りも良くない。
イヤだ、こんなの。
このレトルト食品、内容量が400グラムもある。
このままほかすのはもったいないので、具沢山スープ風に手を加えてみた。


<材料>
セロリ ・ 玉葱 ・ マッシュルーム ・ ウインナー ・ コンソメ
サラダ大豆 ・ 白ワイン ・ ローリエ ・ 胡椒 


以上の材料でポトフもどきをつくり、
この中にレンズ豆の煮込みを加えた。

あ~ら不思議!
イケテル味になっちゃった。

完食、ご馳走様でしたヽ(´▽`)/
a0052473_21394415.jpg

[PR]
by spain-web | 2005-12-17 21:41 | 体験しようスペイン料理

リベロ

最近私を夢中にさせているイタリアンレストランがあります。

西谷オーナーご夫婦のお店「LIBERO」さんです。

お小遣いが許すなら、週に3度は行きたいレストラン。

この日はウリ坊のいいとこがあるということで、

初ウリ坊を体験してきました。

まずはアミューズ3種
手前のエビはゴルゴンゾーラと焼いていて、わたし好み~
a0052473_20473232.jpg


次は、牛肉のカルパッチョとブリのカルパッチョ
ブリは初め「えっ?!赤ワインに合うの~~~」と思いましたが、
すんばらしくマッチしてました。
(ここで、軽くジャブ

写真撮るの忘れました<(_ _)>

3皿目はパスタ
いべりこ豚とルッコラのパスタ  
a0052473_205246.jpg


                

牛ほほ肉のカッパルデッテ
a0052473_2052359.jpg


バッパルデッテという“きしめん”より幅広なパスタは初めて食べました。
濃厚なソースにワインもすすみましたよ♪
(そして、フック


4皿目、メインはウリ坊の登場です!
生後3~4ヶ月のいのししっ仔でした。
首の部位
a0052473_20575284.jpg




                

アバラの部位
a0052473_2058253.jpg


をいただきました。

バラ肉のほうが、お肉の味が濃くしっかりしていました。
首の肉は脂が上質でゼリーのような食感。
(最後にアッパー


2人で行って、ワイン2本空けて帰りました。
お肉も満足するボリュームで、
おいしいものでおなかがいっぱいの幸せをしみじみと感じました。

いつも感動をいただけるレストラン、「リベロ」さん

今度は来週イタリアン料理コミュのオフ会で行きます。
ん~楽しみ~(*^。^*)

イタリア料理 LIBERO
広島市中区幟町10-14
℡ 082-223-1122
[PR]
by spain-web | 2005-12-17 21:12

カツオとアンチョビのオイル漬け

サンセバスチアン近郊のゲタリアは、良質な魚介類が水揚げされる良港がある街。
小さな港のすぐそばに、水産工場直売所があり、そこで
「anchoa」(アンチョビ)や「bonito」(カツオ)のオイル漬けが販売されている。

街のデパートやスーパーで買うよりかなりお買い得価格なのはもちろんのこと、
この「MAISOR」というブランドのは美味しい!


bonitoは身が厚く、味もしっかりしている。
バゲットにのっけるだけで、即席ピンチョの出来上がり!

最近のマイブームです♪(古い?)
a0052473_054439.jpg
a0052473_0545797.jpg

[PR]
by spain-web | 2005-12-13 00:56 | スペインの食材

アンチョビ入りトルティージャ

スペインから帰国してそろそろ1週間がたとうとしている。

先週までいたスペインが急に懐かしくなって、
スペイン風オムレツ=トルティージャが食べたくなった。


よーし!作ろう(^ー゜)b

冷蔵庫チェーーーーーックゥ


卵、ヨシ!
じゃがいも、ヨシ!
たまねぎ、ヨシ!
にんにく、ヨシ!

ん?
アンチョビのオリーブオイル漬け発見(^o^)
これは確か、今年5月にゲタリアの水産加工工場直売所でゲットしたもの。

ちょっと食べてみた。
w(゜o゜)w ・・・・・  うっま~~~~い♪
悪いけど、こんな旨いの食べたことないよ。

a0052473_8471142.jpg



今度パスタもつくってみよう^m^


材料を切って、フライパンにたっぷりのオリーブオイル、塩もたっぷりめに。
じゃがいも、たまねぎをゆっくり揚げ煮して、

a0052473_8504929.jpg



火が通ったら、いったんザルにあげて油切り。
粗熱が取れたら、ボールに溶いた卵の中に揚げ煮した材料を入れる。
ここで、アンチョビを加える。

再びフライパンにオリーブオイルをひいて、一気に流し込む。

a0052473_8544964.jpg


初めは中火で、そのあとはずっと弱火でゆっくり火を通していく。

a0052473_8592770.jpg


片面が焼けたら、ひっくりかえして反対の面もじっくり焼く。

焦げないように気をつけて!


でっきあがり~

a0052473_911691.jpg


ちょっと焦げたかな(-_-;)
[PR]
by spain-web | 2005-12-08 09:03 | 体験しようスペイン料理

博多ラーメン とんとん 蔵王店

先日、福山の南蔵王町にある「とんとん」さんにお邪魔しました。

福山では「行列の出来るお店」で有名です。


ご主人の吉田さんの奥様とご縁があり、奥様からお店のことは教えていただいてたのですが、なかなか機会がなくやっと行くことができたのでした。


お店に着いたのは2時半ごろで、ランチタイムのピークも過ぎているのでゆっくり食べれるだろうと店内に入ると・・・

まだまだたくさんお客さんがいるじゃ~ないですか!

a0052473_148744.jpg




さすが人気店!

忙しそうな厨房に恐る恐る近づき、ご主人さまにご挨拶をすると、
とても柔らかい物腰の方でにこやかに対応してくださいました。

さすが流通業界ご出身!!


席に着き、相棒が「何たべるぅ~?」
わたし「チャーシュー麺!」(即答)

チャーシュー麺を2つオーダーしました。

ラーメンを待っているとき、
DANDYなご主人さまが私たちの席まで来てくださって
「特製の辛子高菜炒」の食べ方を教えてくれました。

ん~なんて親切なんでしょう♪

ほどなくチャーシュー麺が登場!

a0052473_14272378.jpg



この「辛子高菜炒」かなりのゲキ辛味なので、
いくらスキだからといって沢山入れてしまうと
きっとラーメンの味が変わってしまうんだろうなと
最初は控えめに入れました。


@@@@@  正 解  @@@@@


しかし、この「辛子高菜炒」、かなり旨いです!
高菜の辛味と豚骨スープのコクがうま~く絡まって、

「もう箸が止まらない美味しさ!」


気がついたら、替え玉を注文していました。

a0052473_14462762.jpg



初めは、何を食べるかに頭がいってて麺の硬さを注文するのを忘れていましたが、
・かため
・ふつう
・やわらかめ

の3通り茹でてくれます。

私たちは替え玉をかためでお願いしました。
これもペロリと完食。
相棒はスープを1滴も残さず飲み干してました。

チャーシュー麺700円 + 替え玉100円 =800円のランチでした。

「あ~美味しかった」
とんとんさん美味しいラーメンありがとうございましたm(_ _)m

ちなみに「辛子高菜炒」はお持ち帰りできますので、
気に入った方は是非是非ご家庭でごはんのお供に!


ラーメン屋さんはたくさんありますが、
「もう1回食べに来たいお店」にはなかなかめぐり合えません。
「また食べに来たいね(^^)」というセリフが自然とでた「とんとん」さんでした。


詳しいお店のデータがのってるページをみつけたので、ご参考までに。
エキサイトブログ
[PR]
by spain-web | 2005-12-07 15:08

荷造り

a0052473_1224421.jpg

マドリッド最後の夜。
短い私のスペイン旅行も今夜でおしまい。

まだまだ大切な友人達と一緒に過ごしたいけど、今回いろんな人に迷惑と心配をかけて目一杯のお休みをいただいたm(__)m


仕事も気になる。
頑張ってくれてるスタッフのことが気になる。
メールで元気づけてくれた仲間のことが気になる。 電話のむこうで寂しそうな声をしていたあの人のことも気になる。

気になることだらけ(-.-;)


帰りたい、でも帰りたくない…


なんかの歌のフレーズ?
…演歌調だな。


やり残したこといっぱいだけど、また次必ず来れると信じて荷造りをした。


マドリッドの街はすっかりクリスマスムード。
通りには道路の上をなぞるように電飾がどこまでも続いている。


来年また来れるように、頑張って仕事しようと固く決意した。
[PR]
by spain-web | 2005-12-02 12:02 | 西班牙旅行記 ~mi viaje~

11/30最後の晩餐

a0052473_11584725.jpg

a0052473_1158478.jpg

a0052473_11584797.jpg

a0052473_11584772.jpg

オフェーリア達と夜9時30分に待ち合わせた。

今夜はマドリッドの『ストロングフード』を食べに行こうとレストランを予約してくれた。

レストランの名前は『LHARDY』
住所は C/CARRERA DE SAN JERONIMO,8

伝統的なマドリッドの料理が食べられる高級レストラン。

私とT氏はジビエのがちょう料理、I氏とオフェーリア達はアヒル料理、K社長はなぜか牛ステーキ。


とってもストロングでした。ストロング過ぎたのと、店内に他のお客さんがたくさんいたのでデジカメ撮影なんてお行儀悪は出来ませんでした。すみませんm(__)m

かろうじてデザートは撮影できたけど、意味ない?

すみませんm(__)m


ストロングなデザートでした。


洋なしコンポートのチョコレートソースがけ


チョコレートムース


バニラアイスクリーム



ええ、もちろん食べ切れませんでした。
[PR]
by spain-web | 2005-12-02 11:58 | 西班牙旅行記 ~mi viaje~

大切なアミーゴ

a0052473_11381426.jpg

明日は帰国の日。    友達のオフェーリアが一緒に夕食をとろうと誘ってくれた。
オフェーリアとは今年5月にスペインのシウダ・レアル市で開催されたワイン見本市『FENAVIN』で出会った。

彼女は北スペインのレオンで『VILLA CEZAN』とゆうワイナリーの社長をしている。
実にチャーミングで聡明な女性。
初めて会ったときから恋するように好きになった友達(^o^)

今回の『iber Wine』も彼女がオーガナイザーに私が参加できるよう働きかけてくれた。

今回はマスメディアとして参加登録してなかったので、必死に取材はしなかったが会場の様子は後日blogに公開してスペイン語バージョンも作成するつもり。

私の愛するスペインワインを日本に広めたい気持ちは強く持っているので、自分に出来る方法で貢献したい。

オフェーリアの『VILLA CEZAN』のワインはアルフォンソが社長を務める『D’VINO』とゆう会社によってプロモーションされている。
オフェーリアは『D’VINO』の専務も務めている。

アルフォンソも素敵な男性。頭が切れるのはもちろんだが、物腰やわらかでルックスもなかなか。残念なことに新婚さん。


もう一人『D’VINO』の新入社員、フェルナンダ。彼女は以前スペインのガーナ大使館で働いていたキャリアを持つ才女。気立ても大変良くて細かい心遣いができる人。

みんなみんな素敵な友達。彼らがいるから大好きなスペインが一層輝いてみえるんだと思う。

来年3月、フーデックスに出展するため来日の予定がある。もちろん東京へ駆け付けてお手伝いするつもり。(かえって邪魔かな?)

その後広島に来てくれるとゆうので今から心待ちにしている。


これからも大切に付き合っていきたい友達の紹介でした。
[PR]
by spain-web | 2005-12-02 11:38 | 西班牙旅行記 ~mi viaje~

エル・ブリのハンバーガー

a0052473_21343888.jpg

a0052473_21343843.jpg

a0052473_21343845.jpg

現在の世界的なスペイン料理ブームの草分け的存在、『EL BULLI』をご存知の人は多いと思う。

マドリッドに『EL BULLI』のハンバーガーショップができた。と、今年5月に聞いた。

レストランの『EL BULLI』はご縁がなさそうだけど、ハンバーガーショップの『EL BULLI』なら気軽に行けそう(^_^)

早速教えてもらい、ダンディ達とGO!!!

お店の名前は『FAST GOOD』
ホテルの1階にテナントとして構えている。
明るい緑色がイメージカラーで、ファーストフードショップらしく入りやすい雰囲気。


利用の仕方は、まずカゴを取り、ショーケースに並んでいる好みのサイドメニューとドリンクを選ぶ。次にカウンターに並び、ハンバーガーを注文。レギュラーとハーフサイズもある。
種類は3~4種類。
とりあえずハンバーガー3種類を頼んだ。
ここで精算。


番号札を渡され、テーブルでサイドメニューを食べながら待っていると、出来立てホヤホヤが運ばれてくる。お高いだけあってお肉のボリュームはなかなか。でも充分たべきれる量だ。
味はダンディ達いわく、『モスバーガーのほうが美味しい。』


………同感f^_^;



サイドメニューはたべきれなくて残した。


1つ8~10ユーロするハンバーガーをランチに食べに来る人達は、どんな人種が見回してみると…


ネクタイ&ジャケット着用のビジネスマンが半数以上。そりゃそうだ。ランチに2000円かけるのは余裕のある人達がすること。

仕事仲間や恋人、取引先とお昼のひとときを過ごしているというパターン。
日本のホテルランチでよく見掛けるシーン。


トライしてみたので気が済んだダンディ達と私であっf^_^;

あっ!
空腹だったので勢いにまかせて食べてしまい、デジカメに収めるの忘れちゃった(>_<)
[PR]
by spain-web | 2005-12-01 21:34 | 西班牙旅行記 ~mi viaje~

SPAIN好きが高じて、スペインに通うこと通算11回。バスク地方とスペイン料理&ワイン、スペインタイルが大好き♪スペインのおつまみ、ピンチョスの本も出版しちゃいました(笑


by spain-web
プロフィールを見る
画像一覧