カテゴリ:西班牙旅行記その3( 5 )

バルセロナ 番外編

バルセロナの街を歩いていてすごく変なものをみつけました。

それを見て1人で爆笑していた変なアジア人は私です(笑)

あなたはこれを見て笑わずに、もしくは無関心でいられますか?

a0052473_024810.jpg

a0052473_0222494.jpg

銀行の入り口のドアに貼ってあったポスター
お歯黒のおばあさん♪
お歯黒は万国共通なのかしら(笑)




a0052473_0242083.jpg

a0052473_0373625.jpg

地下鉄の構内に堂々貼ってあったポスター
日本では考えられない・・・・
友人にこのポスターを見せると、
この奇天烈な男性はカザフスタン出身の俳優?タレント?って教えてくれました。
その黄緑色のよく伸びますね!
はぢけすぎちゃいまっか(笑)


ランキングに参加しています!よろしくお願いしまーす

[PR]
by spain-web | 2006-12-04 00:31 | 西班牙旅行記その3

11月17日 サンセバスチアン  人の情け

16日の夜10時半ごろビルバオに到着。

空港にはアイトールが迎えに来てくれていた。

アイトールは去年のFENAVINで知り合った。

生粋のビルバオっ子で、よくしゃべりよく笑う、陽気な友人。

仕事の途中なのにわざわざ空港まで出迎えに来てくれた。

「ごめんね、僕本当はサンセバスチアンまで送ってあげたいんだけど

まだ仕事の途中なんだよ」ってかわいいことを言ってくれた。

その気持ちだけもらっとくよ、アイトール(^-^)


送ってもらおうなんてまったく考えてもなかったし、

サンセバスチアンまでは1時間ちょっとバスにのっていれば着くから平気!

でも、アイトールが変な顔をしてる。

A「僕、思うんだけどきっともうバス終わってるよ・・・」

M「そうかなー?12時くらいまであるんじゃないの」



>>>>結果

(゜ロ゜)ギョェ

・・・・・最終22時にいっちゃってました。ガクン


どうして私はこのときに限ってバスの時刻を調べなかったんだろう。

今思うとすごく不思議???



「僕、今日は送ってあげれないけど、明日の朝サンセバに行く用事があるんだよ」

とアイトールがいってくれたのに風邪でモウロウとしていた私は

この意味がわからなかった。

ホテルもとっていたので、どうしても今日中にサンセバに行かなくてはいけないと

決めつけてしまっていたのだ。

それに明日はビアリッツにも行く予定を組んでいる。

今日のうちにサンセバに行ってないと明日が困る。



もはや思考がとまり、ベストな判断ができない状態だった。

M「TAXIでいくからいいよ、大丈夫」

アイトールは明日サンセバに行く用事があるとまた言ってくれたのに

TAXIと話をつけてしまった。

アイトールと別れTAXIが走り出してから、バカな判断をしたと気づいた。

今晩はビルバオで安いホテルを探して泊まって

次の日アイトールに送ってもらったら高くても50~60ユーロでおさまったはず。

ビルバオ~サンセバ間のTAXI代は127ユーロを要した。





夜中の12時すぎ、ホテルに到着した。

そのまま泥のようにベッドに沈んだ。


ランキングに参加しています!よろしくお願いしまーす



明けて17日!

カーテンの隙間から真っ青な空とあったかい太陽の光が差し込んでいた。

すばらしいとしかいいようがない天気!!

a0052473_594516.jpg

(TXUBILLOに行く途中の海岸を撮影)



うそ!?

体が動かないよ(゜_゜;)

2時間かかってやっとベッドから抜け出た。

このままじゃ、いかん!

何か食べて薬を飲もうと思い、TXUBILLOへ電話した。

TXUBULLOへは歩いて5分もかからない。

ここへだったらいける。


風邪がひどいので野菜をたくさん食べたいことを伝えると雑炊をつくってくれるという。

涙がでるほどありがたかった。


午後2時、やっとこさTXUBILLOに着いた。

あかりちゃんが大丈夫?って心配してくれた。

ものすごく食欲があるから大丈夫と答えた。


まず、ビールでアルコール消毒(笑)

冷たいビールはしみこむしみこむ。

たっぷり野菜がはいったカルカル特製のきのこサラダがでてきた。
a0052473_5154685.jpg


サラダを食べ終わったころ、これまたたっぷりの雑炊がでてきた。

あかりちゃんも笑うほどのボリューム。

ブログに乗せないでと言われたので、イラストで雰囲気をお楽しみください。

a0052473_5243712.jpg


にんじんと白菜の雑炊、アクセントにレモンを絞って。

あったかいスープと大好きなお米が胃の中にはいっていくと

次第に体が熱くなってきた。

そして胸も・・・・




食べ物で人を癒せる仕事ってステキだな。

この人たちが作る食べ物は本当に心がこもっている。

それはいつも食べる人のことを思って作っているから。

弱気になってた体も心も栄養補給できた!


聡子ちゃんからTXUBILLOに電話がかかってきた。

「風邪大丈夫?薬とかもってる?」とすごく心配してくれる。

そして夜調子が良くなったらいっしょにご飯をたべようと誘ってくれた。

やさしいね、ありがとう(泣)


純ちゃんからもメールが来た。

「無理しないでなんでも必要なものがあったら遠慮しないでいってね」



ここはやさしい人がいっぱいいるいい街だぁ

鼻水と一緒に思わず涙がこぼれ落ちそうになった。


一眠りして風邪をやっつけよう!

すぐ元気になれるような気がした。
[PR]
by spain-web | 2006-12-03 04:30 | 西班牙旅行記その3

バルセロナのコカ

陽の長いスペインといえどもさすがに11月

5時を過ぎると普通に夕暮れてきた。

2日前シャルル・ド・ゴールに到着した5時半くらいには

もうどっぷり陽がくれて。。。という感じだったのでスペインの方が若干は長いのかな?


今日のお目当てはこちら!

FRECA BALMES(フレカ・バルメス)というお店

a0052473_14563366.jpga0052473_14564598.jpg









バルセロナでは老舗のパン屋さん

見落としてしまいそうなこじんまりした間口。
入り口のディスプレイ用のパンが賑やかに出迎えてくれる。





ランキングに参加しています!よろしくお願いしまーす





店内もそんなに広くはなくショーケースが3つ置かれているだけ。
a0052473_1457827.jpg
a0052473_14571730.jpg


いくつもの賞状が壁や天井に飾ってあり、有名なだけでないのがわかる。
あいにく店主はいなかった。
愛想のいいお姉さんがショーケースの向こう側に1人いただけ。

「コカを買いに来ました」と話しかけると
「コカはこれとこれと・・・」と教えてくれた。
どこから来たのかと聞かれたので、日本からと答えると
親近感を持ったのか、ただのお愛想なのかますます笑顔に。

フレカ・バルメスで買ったコカは3種類
①ズッキーニ、たまねぎ、ナスなど薄切り野菜がたっぷりのったコカ
ちょっとコショウの効きすぎ~
a0052473_1555516.jpg


②ふわふわデニッシュ生地のコカ
中にはトマトソースで味つけたツナが入っていた
この3種類のなかでは1番好きな味
a0052473_156488.jpg


③松の実、アニス酒、粉砂糖たっぷりの甘いコカ
香ばしくサクサクのパイ生地の歯ざわりもよし。
でもちょっと端っこの方焦げすぎで苦かったよー
a0052473_1561324.jpg


どれもおいしく、味も上品に仕上げた感じ。
でもコカはコカなんだよね。
次第にその味の単調さに口が動かなくなってくる(-_-)zzz


コカのすべてを知ったわけではないけれど
もう少し知識をしいれてから食べないと自分の中で
誤解だらけに終わってしまいそうな危険があると思った。

次回はマヨルカ島にでもコカを求めて出張してみようかしら。


不完全燃焼なのであった!
う”-
[PR]
by spain-web | 2006-12-02 15:27 | 西班牙旅行記その3

11月16日 バルセロナ

11月16日(木)、昨日に引き続き体調すこぶる悪し。


今回のバルセロナはおまけみたいなものだから、
自由に動けなくてもそんなに焦ることはない。


着替えを済ませてやっとホテルを出たのは12時前だった。

どうしても行きたいところは1箇所しかないので、そこはあとまわし。

とりあえずBARでコン・レチェとボカでも食べようと通りをどんどん歩いていくが
ピンとくるBARはなし。

今回のホテル自体はまあまあ当たりだけれど、
周辺にPC関係と家電のショップばかりが目立つ。
私的には面白くないのだ。



昨日メトロの近くに大きな市場を見つけた。
中に入ってみるとまだお昼前なので買い物客で賑わっている。
肉屋、魚屋、ドライナッツ屋、惣菜屋、果物屋、八百屋がたくさん入っている。
活気があって実に面白い。
旅行中じゃなかったら、きっとあれもこれも買ってしまうだろう。
そして、お店の人にこれは何?どうやって料理するの?
とか聞きまくっていたに違いない。
へんに何かを買うと本当にそうしてしまいそうで、物欲を抑えるのに必死になった(笑)

市場を一周してみたら数件のBARがあったので
朝ごはんは市場の中で食べることにした。

a0052473_229509.jpg

適当に飛び込んだのが、「BRACAFE」というBAR。
小エビのから揚げやパエジャまであり、メニュー豊富。
とりあえずコン・レチェを頼み、
目の前にあったクロケッタが美味しそうだったので2個頼んだ。
a0052473_2301591.jpg

お皿が目の前に出てきたとき寝起きだったことを思い出し、
選択を間違ったことに気づく・・・

慌ててハモンのボカを注文。
a0052473_2303667.jpg

「コン・トマテ?」とカウンターの中にいるセニョーラが笑顔で聞いてくれた。
そういえば、北のほうではパン・コン・トマテは当たり前のように
出てこないな~。
セニョーラに「Si!」と笑顔で返した。

a0052473_2402310.jpg

ブラカフェのまわりはこんな感じ。
不思議なシチュエーション



ランキングに参加しています!よろしくお願いしまーす



BARでの朝ごはんを楽しんだあと、さてどうしましょうかと
いうことになり、シティマップをカウンターで広げてみる。
たいていの場所には行ったことがあるので、特に行きたい場所はない。
セニョーラにお会計をお願いしてバルを出た。



とりあえずカタルーニャ広場まで出てみることにした。
メトロから出てくると、うわぁ~やっぱ人も車も多いなー。
ホテルのある通りでは見なかった、浮浪者もわんさかいる。

やたらと目に付く浮浪者に嫌気がさして
早々にカタルーニャ広場を退散したのであった。



バルセロナで購入したいものはそんなになかったので
仕入れも短時間で終わってしまった。
a0052473_2461029.jpg

コーヒーが飲みたくなり、カカオ・サンパカ
に行く。
チョコレートだらけの楽しいショップに目が喜ぶ♪


奥のカフェでアメリカンコーヒーとチョコムースをオーダーした。
エル・ブリの元パティシエが携わった店と聞いてきたので
スペインにありがちな拷問のようなスイーツではないことを願う!
a0052473_2442582.jpg


・・・・拷問だった(・_・、)
自分ではチョコムースケーキを頼んだつもりだったのに、
そのまんまのムースが出てきた。
ホワイトチョコムースにココアパウダーがかかっているだけのデザート。
一瞬唖然としたが、ホワイトチョコの味は悪くなかった。
むしろ、こんなおおざっぱなの日本にはないよ、と新鮮だった。

ただし、味が単調で量が大量なのと、
冷たかったムースがだんだんぬるくなってきてすぐ飽きてしまう。。。
申し訳ないことに、半分もいかないうちにさじを投げてしまった。

食べ物の神様、ごめんなさいm(_ _)mゴメン
[PR]
by spain-web | 2006-11-30 02:51 | 西班牙旅行記その3

11月15日 タラゴナ

a0052473_17373066.jpg




昨日の深夜1時にバルセロナに到着。

へとへとに疲れていた。
そして信じたくないが、
旅行初日から風邪をひいてしまっていた( ̄□ ̄;)!!
先は長いのにと、ちょっとブルーな気分。



目覚めると時計の針は9時を回っていた。
急いで仕度をすませ、サンツ駅へ向かう。


駅に到着して切符を購入
「PARA TARRAGONA」でOK  簡単だ。


約1時間でタラゴナ到着。
数年前バレンシアからタルゴという列車にのってバルセロナまでいったことがある。
そのときタラゴナの海岸線が途中下車したくなるほどきれいだった。
今日はその途中下車したい街に来れて幸せ!


駅を降りると看板に簡単なインフォメーションマップがあった。
ざっと見たがよくわからない。
観光案内所も駅から離れた場所に点在している。

「ま!歩いていればそのうち見つかるでしょ」
のん気に歩き出した。

階段をのぼり見晴らしのいい場所に着いた。
a0052473_173808.jpg

地中海の波がキラキラ光ってとても綺麗
ずーっとここでこの海を眺めてるのもいいな

そう思ったがこの街にはモデルニスモ建築物がたくさんあるらしいので
それも見たい!

振り返ると、タラゴナで一番賑やかであろう通りがまっすぐ伸びていた。
ここをぶらぶら歩いていれば観光案内所もすぐ見つかるだろう。

途中気になる路地に寄り道しながら歩くこと約2時間。
観光案内所なんてどこにもない。

街歩きしながら気になった建物が1つ
a0052473_17495467.jpg

教会かと思いきや、小学校だった。
ここは多分礼拝堂かなにかだろうか、中に入ってステンドグラスを見てみたいものだ。


そしてこのオブジェ
a0052473_17521356.jpg

きっと何かの伝統行事なんだろうな。
ガイドブックにはなんにも書いていない。


ランキングに参加しています!よろしくお願いしまーす


体調不良でもう歩きたくなくなった。
それに昨日の夜から食事をしていない。
ランチでも食べましょう♪

と、その前に今回ここにきた目的の1つ。
コカを探さなくては!

「コカ」とはスペインの一部の地方で食べられているピザに似た食べ物。
チーズがかかってないのが特徴。
生地はパンのようだったり、パイのようだったり、クリスピーのようだったり色々。

大きな市場のある広場に出た。
ラッキー!コカを発見!!
ここで3つのコカをゲットした。

さて、これをどこで食べようかな・・・
2件先に同じお店のカフェがあった。

カフェでビールとお米のサラダを注文し、外のテーブルに座る。

本日のランチ>>>
a0052473_1852773.jpg

お米のサラダとパン・コン・トマテ
サラダの味?あまりしない・・・ いいんです。お米が食べたかったから。
炭水化物ばっかり?・・・いいの、お米がたべたいのっっ


そして先ほど買ったコカを広げてみる。
a0052473_21182212.jpg
a0052473_21184058.jpg

これはエンパナーダというパイ生地に具を包んで焼いたもの。
コカの一種と認識しているけれど、正確にはどうなんでしょう?
中身はツナ。ツナの味付けは特にないみたい。
そしてパイ生地の表面にチーズがかかっている。
え!? いきなりNG?
全体的なお味は・・・・う~ん、う~ん、がんばっても半分かな。




a0052473_21252360.jpg

次は、コカ・セカとパン屋のおばちゃんが言っていた。
乾いたコカって意味?
薄く延ばした生地にザラメをのっけて焼いたもの。
ほんのり砂糖でない風味がする。
これがアニス酒ってやつかな?
パリン、パリンと食べれて手軽なスナック感覚。

残りは夜にでも食べよう(^-^)



a0052473_21284029.jpg

3つ目はデリカっぽいコカ
薄めのパン生地に、オリーブオイル・たまねぎ・赤パプリカ・黒オリーブがのっている。
味付けもたまねぎに塩味が感じられる程度で、なんにもされていないみたい。
これはきっとおいしいぞ!
期待してパクリ(^O^)
・・・・だんだん味に飽きてきた。

コカってそんなにおいしいものじゃないのかな~



今日のランチあんまり美味しくなかったなぁ。


a0052473_21395577.jpg

帰り、タラゴナ駅のホームにて
[PR]
by spain-web | 2006-11-18 18:06 | 西班牙旅行記その3

SPAIN好きが高じて、スペインに通うこと通算11回。バスク地方とスペイン料理&ワイン、スペインタイルが大好き♪スペインのおつまみ、ピンチョスの本も出版しちゃいました(笑


by spain-web
プロフィールを見る
画像一覧