1920年代のアール・デコ・タイル

a0052473_17102210.jpg

先日資料として購入したタイル関係の書籍で作ってみたいデザインがありました。
1925年ころ英国のピルキントン社で製作されたデザインです。

近代に入るとタイル産業は不遇の時代を迎え、多くの企業が淘汰されたようです。
ピルキントン社はその中でも生き残っている企業の1つだと資料に記載されています。

ここでタイル産業史を語るほど勉強できてないので、
また機会があれば作品と一緒にご紹介したいと思います。



a0052473_1720458.jpg

こちらのデザインがオリジナルです。
・チューブライニング技法
・アール・デコタイル
・エッグシェル釉


今回私はズルっこしてクエルダ・セカで製作しました。
しかし、ぱっと見、クエルダ技法なんですけど、
これがチューブライニングだとは・・・
まだまだ修行が足りませんね~



わたしの試作品はこちら。

a0052473_17425483.jpg
a0052473_1743394.jpg



釉薬が一部飛んでいる箇所があるのと、厚みが均一でない箇所があるので
修正&再焼成の予定(笑)

これは完成品ではないので、お間違いなく~
もっとクオリティの高い出来上がりにしますよ。

せっかくなので、真ん中がイエローオレンジのパターンも試作してみようと思います。

体験で作ってみたい方はいつでもどうぞ!
製作に必要な時間は、2~3時間です。
お気軽にお問合せください。


■□■□■□
スペインタイル絵付け工房
La Corriente(ラ・コリエンテ)

広島市西区庚午北4-8-10 2F
090-3317-7615
青木まで



ランキングに参加しています!よろしくお願いしまーす

[PR]
by spain-web | 2008-07-08 17:52 | スペインタイル

SPAIN好きが高じて、スペインに通うこと通算11回。バスク地方とスペイン料理&ワイン、スペインタイルが大好き♪スペインのおつまみ、ピンチョスの本も出版しちゃいました(笑


by spain-web
プロフィールを見る
画像一覧