小出家

地蔵通りの筋からひょいと曲がったところに、小出家というお店があります。
居酒屋とも違うし、和食とも違う、創作料理と一口で片付けるのもなんだか。。。
a0052473_15502264.jpg


さて、小さな入口から階段を上り店内へ。
客席から見通しのいいオープンキッチンの中でせわしく動く大将の姿が。
これだけ見えたら、ごまかしきかないくらいよ~くみえます。


まずはビールで乾杯☆
a0052473_15562332.jpg

つき出しはウリときゅうりのゴマ酢和え。
なんか昔おばあちゃんが作ってくれた(最近このフレーズ多いね)生酢によく似た味。
ごまで酢のとんがったとこがなくなって、すっぱ香ばしい味。
すごく好きな味でした(^-^)


メニューはホワイトボードに書かれているので、
そこから気になるものを頼むシステム。

大将がすずきの刺身をすすめてくれたので、まずは すずきちゃんからいただくことに。
a0052473_1663156.jpg

お魚はすべて天然ものにこだわって仕入れているそうです。
刺身の一切れ一切れの分厚いこと!!
そしてその身はあま~く、弾力があり、命をいただいてる感がしてきます。
刺身のつまは、大葉の下に大根、山いも、人参、たまスラ。
わさびはホースラディッシュでした。
広島でわさびじゃなくコレを刺身に付けてるのって珍しいですね。


芋焼酎ロックを飲んでいたんですが、ここで日本酒に切り替えました。
a0052473_16155022.jpg

予想通りの飲みやすい酒でした。


次は、水イカと小いわしの天ぷら
a0052473_16182539.jpg

大将ボリュームありすぎますってぐらいたっぷり盛ってます。
手前が小いわしで、奥が水イカ。
新鮮なのはやっぱりおいしいね♪
「うま~い」を連発してました(笑)


これが一番気になっていた、メニュー!
【エビと生麩のブルーチーズソース】
生麩ですよ!生麩!!
萌え萌えの食材です、それにブルーチーズ☆
う~ん、新しい組み合わせですね♪
a0052473_16262076.jpg


エビもこんなに色鮮やかで大きい。
a0052473_16275665.jpg
生麩・・・画像ボケてますね。黄色と緑色の2色が使われてました。
a0052473_16285458.jpg









チーズは何種類かをミックスしているようで、エビと麩の存在を活かすソースに仕上がってましたよ。ゴルゴンゾーラとパルミジャーノ・レッジャーノを使ってるのは見えたのでわかりました(笑)


もう、日本酒のんでちゃいけないでしょ~ってことで
ハーフボトルの白を出してもらいました。
a0052473_16333265.jpg



そして、もう1つ気になっていたメニューです。
【アボカドの冷製茶碗蒸し】

a0052473_16392514.jpg

蓋を開けると、エビ、キュウリ、じゅんさいがみえます。
a0052473_16393311.jpg

スプーンで大きなエビをすくって。
a0052473_16394025.jpg

食べ進んでいくと、今度はマンゴーがゴロゴロ
a0052473_16394677.jpg


憶測ですが、茶碗蒸しはアボカドベースにヤマイモとちょっとだけ枝豆も入っていたような気がしました。
この茶碗蒸しはスゴイです。
じゅんさいとマンゴーってすごく異質な食材。
・・・どちらも大好物ですが(^-^)v
それがアボカドにまとめられて茶碗蒸しになってるなんて、
夢のような話ぢゃないですか~☆☆☆




ランキングに参加しています!よろしくお願いしまーす






最後はにんにく飯で〆です。
a0052473_16466100.jpg

大葉がたっぷりと入っていて、すごくさわやか。
バターで炒めてあります。
でも、にんにくもしっかり使ってるし、塩もこれでもか!って振ってるので
うす塩族の私には塩味濃かったなー。
普通の人はお酒を飲みながらだったらOKな塩梅です。
お味噌汁にはイワシのすり身がはいってて、出汁がよく効いたいいお味。
もう1杯おかわりしたくなるほど。
自家製の漬物もなかなかでした。


一皿のポーションも多いですし、
旬の最高素材をおしみなく提供しておられるので、
値段をみたらがんばっておられるなーと思わずにはいられませんでした。

どのお皿も800円~1200円からみなのですが、
当然というか、むしろ安いと思う素材のクオリティとボリュームでした。


しゃれっけも愛想もないお店ですが、
たまにはこういうお店でしっかり旬を感じながら食事するのもいいと思いました。
大将は1人で調理されてるので、込み合う週末でなくて
週のはじめに行って食事されることをオススメしておきます。


小出家
中区富士見町6-13
☎082-246-7009
快食案内リサーチにもっと詳しく掲載されてます
[PR]
by spain-web | 2008-07-01 17:23

SPAIN好きが高じて、スペインに通うこと通算11回。バスク地方とスペイン料理&ワイン、スペインタイルが大好き♪スペインのおつまみ、ピンチョスの本も出版しちゃいました(笑


by spain-web
プロフィールを見る
画像一覧