レストラン バスク

函館レポート第3弾です☆

a0052473_2045956.jpg


函館にはすばらしいバスク料理を作る方がいらっしゃいます

レストラン バスク のオーナーシェフ、深谷宏治さんです。

日本で食べれる本物のバスク料理はここにあると言っても過言ではないでしょう。

バル街のイベントを知るずっと以前から、この方のお皿が食べてみたくて

著書を購入したり、雑誌の記事を集めてみたり・・・恋焦がれていました。

a0052473_22171485.jpg

レストランの様子・1   天井から生ハムが吊られてまさにスペインの雰囲気
a0052473_22172742.jpg

レストランの様子・2   しっくいの壁と木、清潔なリネン、落ち着きます



広島 ----- 函館

距離にしたらどれくらいあるのでしょうか。

今回は数年来の念願かない、やっと函館に行く事ができました。

レストラン バスク の 深谷宏治さんが作り出す、

素晴らしいお皿の数々をとくとごらんください。



まずはオードブルから
a0052473_20103375.jpg

お皿の12時の方向にあるガラスの器に入ったメニューから時計回りに説明します。
☆タコのガリシア風カルパッチョ
うす~くスライスされたタコは丁度いい弾力
パプリカの風味もGOOD プルポ・デ・ガリシアをイメージさせます
☆シシトラ
スパイスがよく効いたソーセージ
ビールが欲しくなる味
☆ムール貝入りのクリームコロッケ
クリームのマイルドさといったら・・・
1口であっという間になくなってしまうのが残念なほどです
☆厚部産の合鴨ペースト
合鴨の風味がお口に広がります
☆イカ墨のフラン(プリン)
プリンと訳しましたがムースに近い舌ざわり
なめらかでコクがあり後をひく美味しさ
☆カニのカクテル(中央)
甘いカニの身とマヨネーズがマッチ

とてもバランスのいいオードブルです
次に控えているお皿に期待が膨らむような構成


2皿目は砂肝のコンフィ
a0052473_20374362.jpg

衝撃をうけました!
「砂肝とは食いちぎるようにして食べる弾力があり、臭みを消しきれない食材」
というイメージがありましたが、固定観念を100%覆されました
ほぐれるような柔らかさ、ジューシーさ、香ばしさが一体となり、見た目は砂肝なのに
口の中に入ってるものは砂肝とは思えないのです。
もう虜になりました(>_<)


にんにくのスープ(miecita)
a0052473_20453897.jpg

スペインでは定番の sapa de ajo です。
時々スペインを思い出してムショウに飲みたくなるスープ
スプーンで口に運ぶたび、懐かしくやさしい味に癒されます
日本人にとっての味噌汁のようなものでしょうか



じゃがいものクリームスープ(S氏)
a0052473_20494539.jpg

滋味あふれる大地の味を生クリームで和らげて
じゃがいも好きにはたまらない味


子羊のシチュー
a0052473_20571436.jpg

どっしりとしたトマトソースにアツアツの骨付き肉
深いコクと、舌の奥にいつまでも残る旨み、とろけるようなお肉
元気が湧いてくるような力強い味
デミグラスソースのようなコクも感じました
また、食べたい一皿です



ココチャ
a0052473_213172.jpg

バスク地方でよく食べられる魚料理
ココチャとはメルルーサやタラの下あご部分
ほっぺたやあごの少ししか取れない部分の身です
ゼラチン質たっぷり、プルプルした食感
あさりのだしが味に奥行きを持たせます
パセリでさわやかさをプラス
私にとっての、「THE バスク料理」です!



豚のゼラチン質を集めたハンバーグ(料理名忘れました)
a0052473_21111957.jpg

豚の耳や鼻などゼラチン質の多い部位で作ったハンバーグ
さっぱり系の軽いトマトソースでいただきます
口の中でムキュっとする歯ざわりが楽しい
子羊のシチューが強い味だったので、正確に味わえなくて残念
ゼラチン好きの私はとても好きなお皿

このお皿とココチャのお陰で翌日から2~3日間お肌の調子が良かったですヽ(´▽`)/



デザート
a0052473_21212148.jpg

スプーンにのってるデザートから時計回りに説明します
☆クアハーダ
バスク地方では羊乳で作ることが多い伝統的なデザート
これは牛乳で作っていてあっさりマイルド
牛乳羹に似たやさしい味
☆トシノ
卵黄とシロップの甘いプリン
卵黄の味がしっかりします
☆ふきのとうアイス
大好き!
もうすぐ本格的な春を迎える北海道をイメージしました
☆ガトーバスク
スタンダードな焼菓子です
☆アロス・コン・レチェ(中央)
こちらもスペインでよく食べられるお米を牛乳で甘く煮たデザートです
日本人としてはお米と牛乳???
抵抗あるかもしれませんが、一口たべれば納得
シナモンがアクセントになってます



大大満足でした(*^_^*)
また秋にバル街+バスク+姉妹店のラ・コンチャでお邪魔したいです。

深谷さんご馳走様でした<(_ _)>


■ レストラン バスク ■
住所;北海道函館市松陰町1番4号
電話;0138-56-1570




ランキングに参加しています!よろしくお願いしまーす

[PR]
by spain-web | 2006-04-24 22:46 | BAR街

SPAIN好きが高じて、スペインに通うこと通算11回。バスク地方とスペイン料理&ワイン、スペインタイルが大好き♪スペインのおつまみ、ピンチョスの本も出版しちゃいました(笑


by spain-web
プロフィールを見る
画像一覧